集客ホームページ作成入門|横浜のホームページコンサルタント露木伸一公式ブログ


あいまいな戦略目的は失敗につながる


前回、

失敗の本質(中公文庫)

の中にでてくる、

『戦略の失敗は戦術で補うことはできない。』

という言葉をお伝えしました。
【お読みでない方はこちら】
http://www.g1-homepage.com/archives/181

この本には、ホームページにも当てはまる、
もうひとつ大切なことが出てきます。

それは何かというと、

『戦略上の失敗要因』

として

「いかなる軍事上の作戦においても、
そこには明確な戦略ないし、作戦目的が、
存在しなければならない。
目的のあいまいな作戦は、必ず失敗する。」

ということ。
これは、ホームページにも当てはまることで、
『目的の曖昧なホームページは、必ず失敗する。』
と読み替えることが出来ます。

例えば、
「会社案内代わりに」

「名刺代わりに」
ホームページを作ったという話しをされる方がいます。
別にそのこと自体は悪いことではないと思います。

そうであれば、
「会社案内」「名刺」の役目を果たせれば、
ホームページの目的は達成できたということになります。
しかし多くの場合、

「ホームページから問い合わせがない」

「ホームページが売上につながらない」

といった悩みを持たれるんですね。

でもホームページが
「会社案内」「名刺」の役目を果たしていたとすれば、
「会社案内を配ったのに問い合わせがない」

「名刺交換したのに連絡がない」

と悩んでいることになってしまいます。
『ホームページから問い合わせが欲しい』

のであれば、

『ホームページを見て問い合わせをしてもらう』

ということを目的として明確にするべきなんですね。
そして、

『ホームページを見て問い合わせをしてもらう』

ことを実現するための戦略を考えて、

その戦略において必要なホームページを作っていく必要があります。

 

 

横浜の顧客獲得ホームページコンサルタント
露木伸一


こちらも合わせてお読みください

2013年05月11日 ブログ移転しました


露木伸一
顧客獲得ホームページコンサルタント
経済産業省後援ドリームゲートアドバイザー
プロフィールはこちら

ピックアップ

2013年05月31日
SEOの考え方

タグ


このページのTOPへ